ブログ

ブログ詳細

「どこから、言葉を発していますか…?」


「言葉 愛」の画像検索結果

 

こどもがケガをした時・・・第一声は何ですか?

意外と多いのがこれ

 

「何やっているの

ここにももちろん愛はあります。

ママ達は、まず、子どもの無事を瞬時に確認して命に別条がないことがわかり、ほっと安堵しています。

その上で、どうかもう二度と こんな危ないことはしないという心配する気持ち…

ここには愛が満ちています

私達大人の立場で考えたら、その言葉の裏にあるママとしての感情の動きは痛いほどわかります。

 

でも実は … コレ大人の理論

 

言葉をうけとる子どもにとってはどうでしょう

もしかしたら その言葉から受ける印象は、「しかられた」ということだけかもしれません。

それではあまりにも悲しすぎます。

 

ママがまず伝えたかったことは何ですか?

おそらく、

「大丈夫?」

「大けがにならなくてよかった

という安堵と心配、痛さへの共感だったのではないでしょうか?

その後で出てくるのが、「これからは、危なくないようにこういうことはしないで」という

注意やしつけの部分ですよね。

 

私たち大人は、一番大切なことを見事にショートカットしてしまうのかもしれません。

そうなると、悲しい事に本心は伝わりません。

 

時に、初心にもどって、ご自身が言葉を何から発しているか、チェックしてみるのも必要なことなのかもしれませんね。

子どもの発するシンプルな言葉がいいお手本になることもしばしばです。

こんな身近にお手本があるなんて、ママの役得です

 

一般社団法人 ママ育協会

住所 
本部 :〒171-0021
東京都豊島区西池袋3-29-9-3F

アクセス 池袋副都心線 C3出口目の前
TEL 03-5958-2733
FAX 03-5958-2521
MAIL honbu@mamaiku.net
受付時間 平日 10:00~17:00

Facebookはこちら
https://www.facebook.com/pg/mamaikukyoukai/

お茶会

セミナー

WEBママ育検定

講師専用ページ

幼児教室ほくと

  • facebook
  • twitter