ブログ

ブログ詳細

かがみ知加子のママ育士講座受講生 弥奈のつぶやき ~感謝~


 

 frame_arigatou_tate

21469488_2444320492373525_42247078_n

 

先日ママ育の旅行に参加してきました。

 

今回の旅行先は、京都亀岡、嵐山!! 

2日間天候にも恵まれたこともあり、思い出に残る旅でした 

 

旅行の詳細は、行った人だけの思い出ということで、

今回は、「感謝」というテーマで書きたいと思います。

  

あなたは、お金が欲しいですか?

 

私は、生活するためにはお金が必要なので、欲しいです。

 

でも、お金を稼ぐことは簡単なことではありません。

そして、私は今まで自分が生活するためにお金が必要だから、働く!ってことをしてきました。

 

しかし、お金を稼ぎたいと思えば思うほど、簡単には稼げないことにも気づきました。

 

そんな時、かがみ先生から、

お金=ありがとう=仕事  という法則を教えてもらいました。

 

たとえば、

重い荷物を持って道を歩いているおばあさんがいます。 

おばあさんが困っているだろうと思い、荷物を持ってあげることにしました。

目的地まで着くと、おばあさんはお礼にミカンをくれました。

  

このたとえから考えると、

 

荷物を持ってあげる(仕事)

     ↓

おばあさんがお礼をくれた(ありがとう)

 

ミカン=100円(お金)

 

おばあさんにとって求めていることをしてもらったでの、対価としてミカンがもらえたということになります。

  

でも このおばあさんは、リハビリのために重い荷物を持って歩いていたら… 

持ってあげることは、おばあさんにとっては嬉しくないですよね。 

そしたら、お礼は言われるかもしれませんが、お金には結びつかないということです。

  

自分は、感謝されると思ってやったことでも、相手にとって必要なことでなければ、

自己満足であって、お金にはならないのです。

 

だから、自分が満足することではなく、相手が満たされるためにはどうしたらいいのかを考えなければなりません。

それができてこそ、お金につながるんだなってことを教えてもらいました。

 

私も、リハビリの仕事をしていると、訓練内容にばかり目がいってしまいますが、

患者さんは本当にそれを求めているのか?

精神的に落ち込んでいる患者さんにリハビリだけやっていれば良くなるのか?

 

考えさせられることがよくあります。

 

患者さんにとって、心理的なサポートが必要な時期は、

リハビリをガツガツやるのではなく、患者さんの心の声に耳を傾けてあげること必要だと思います。

 

私は、患者さんが求めていることを考えられるようなセラピストになりたいです。

 

#ママ育 #かがみ知加子 #かみさまとのやくそく #女性 #チャンス #親教育 #笑顔

 

一般社団法人 ママ育協会

住所 
本部 :〒171-0021
東京都豊島区西池袋3-29-9-3F

アクセス 池袋副都心線 C3出口目の前
TEL 03-5958-2733
FAX 03-5958-2521
MAIL honbu@mamaiku.net
受付時間 平日 10:00~17:00

Facebookはこちら
https://www.facebook.com/pg/mamaikukyoukai/

お茶会

セミナー

WEBママ育検定

講師専用ページ

幼児教室ほくと

  • facebook
  • twitter