『ママ育士』とは

男らしく・女らしく・自分らしく生きる
~今の時代の良妻賢母が日本の精神を取り戻す~

かがみ知加子は22年間、会社経営という男性社会の中で生き、会社継続を守ってきました。
これまでの経験から見えてきたことは「信頼をすること・そのままを認めること・志を持つこと」でした。

私は、戦うことで得るものより、人を信頼することが出来た時にそれぞれの役割が明確になり、人が活かされ、繋がることの価値の大きさに気付きました。
現に、女性からの信頼を感じた男性は、男性としての自信を持ち、さらに輝き、互いに尊敬しあう関係が築け、満足感と共に精神的自立をし、大きな価値を生み出しているように感じます。

 さらに、幼児教育を通して1万人を超える親子との関わりの中で見えてきたことは、「そのままを認める」と言うことです。
「そのまま」とは、何を示しているのでしょうか? 私は『男性は男性らしく、女性は女性らしく、自分は自分らしく生きる』ことと考えました。

 

 また、これまで多くの女性の話を聞く中で見えてきたことは、社会の一部を担う私達女性も「志を持つ」必要があるということです。さまざまな社会問題の原因は、一つに精神的自立のできない女性が増えていることにあるのではないかと感じています。

このようなことから、ママ教育の必要性を感じ、プログラムを作りました。
ママ教育では、女性に薄れつつある良妻賢母の在り方を現代に調和させ、共に社会を担う女性達がこの在り方を身につける事で、社会全体がより良くなる事を目指しています。
 ママ教育が普及することで、【自分らしく生きることができ、幸福感を感じる空間・時間を創る人間】を一人でも多く増やしたいのです。
これを普及するための教育機関として、ママ育協会を設立致しました。

ママ育士って?

ママを育てる専門家として活動できる資格です。

どんな資格?

ママを育てる専門家になる資格です

どんな考えの協会なの?

今の時代の良妻賢母を大切にしています

かがみ知加子の経営する教室では22年の間、子ども達に対して、自分の内面を見つめる授業を行ってきました。

その授業では、友だちや両親、自然や地球、さらには自分の夢や志にまで意識を向けることをしています。

その中で、子ども達は母親の胎内に入った様子や胎内での記憶を鮮明に語ってくれます。

さらに、「お母さんを選んで生まれてきた」と言います。

子ども達のこれらの言葉が事実であるか、そうでないかが論点ではなく、もし自分の意志で親を選んで生まれてきたとするのであれば、「自分の人生の責任者は自分である」と言えるのではないでしょうか。

ママ育協会は、この様な考えを軸としています。

その上で、私達女性がどのような立ち位置で、自分の人生に責任を持ち生きるのか? 子育てをするのか?

それを解いたのが、「今の時代の良妻賢母」の在り方なのです。

どんな人が対象なの?

    • 子育ての経験をキャリアにしたい人
    • 今の自分のビジネスを拡大したい人
    • 好きなことを仕事にしたい人
    • もっと旦那様と一緒に素敵な家庭を築きたい人
    • 素敵なパートナーと出会いたい人

 

この様な方がママ育を勉強に来ています。
「え?」一見ママ育とはかけ離れているようですが、ママを育てるとは、自分の命の源と向き舞うということです。【女性として、人としての本姓と向き合う】【魂の自分、自分の天命を知る】【心の自分、自分の源である親との関係を紐解く】【男性と女性の聴き方、見方、感性の違いを知る】これらが明確になるからこそ、自分が本当にやりたいこと、手に入れたいものが、自分の手の中にやってくるようになりるのです。

『ママ』とはあなたの命の源です。あなたの命の源を、あなた自身が、あなた手で育てて行くのです。
これが『ママ育』です。

collage_photocat (750x1036)

どんな活躍ができるの?

一般社団法人 ママ育協会の認定講座を修了し、認定テストに合格するとママ育士としての資格を取得できます。
資格取得後は、ママ育士として講座開催をすることができます。
自分のビジネスや子育て支援活動に取り入れ、深みを持たせ、活用することができます。

<活動例>

・お茶会主催

・基礎講座、アドバイザー講座主催

 

・子育てサロンの活躍の機会が拡がり、地域の教育委員会イベントの企画プロデュースを任された

・悩みを聞きながらマッサージをしていたら、半年先まで予約でいっぱいになっていた

・夫のレストレランでパティシエとして働き始めた。予約がいっぱいになってきた

・様々な活動家とコラボイベントを主催して、たくさんの方の悩みを聞いている

・カウンセリングに活用している

 

・5年付き合った彼からプロポーズされた

・不妊治療を止めたのに妊娠できた

得られるものは何?

        今の社会を作っている私達の中にも問題を抱えて困っている方がたくさんいます。

 

      しかし、問題を抱えてしまうのは特別なことではありません。
  • 1.他者意識力の低下
  • 2.精神的幼児性
  • 3.子どもへの執着・親離れできない子ども
  • 4.子どもへの虐待
  • 5.夫からの束縛と虐待
  • 6.夫婦のコミュニケーション不足
  • 7.自分の母との関係(確執)
  • 8.情報過多による他者比較によって引き起こされる不安

女性なら誰にでも思いあたるこれらが、実は社会問題に繋がっています。

  • ニート・ひきこもり/少子化/シングルマザーの貧困/虐待

自分自身の問題を軽くして、周りの方の問題も軽くしていく事で社会問題を解消し、未来を繋いでいくのも私達なのです。

ママ育を勉強して得られるものは、人それぞれ違います。
なぜならば、一番欲しいものが人それぞれ違うからです。
あなたの願いを実現していく事『あなたがあなたらしく生きる』事を応援していく事が協会の理念です。

更なるスキルアップ

協会本部から提供される講師トレーニング講座、シンポジウム、各種サブ講座受講により、更なる専門知識が深まり、講師としてのスキルがアップします。

今の生活では出逢いないであろう、全国の友達と繋がり始めます。それは、講師としてのスキルの向上だけに留まらず、新しい自分との出会いとなる事でしょう。
全国のママ育士の仲間があなたを待っています。

  • タイプ診断はこちらから

お問い合わせ

ママ育協会へのお問い合わせは、お電話または下記フォームよりお願いします。

お電話の場合

03-5958-2733

メールの場合
お問い合わせ内容(必須)
お名前(必須)
お電話(必須)

メールアドレス(必須)

メールアドレス確認(必須)

ご詳細(必須)

代表のかがみが、
今あなたに一番必要なメッセージ、
そして世の中の身近な問題に関して
お伝えするメルマガです。

講座のお申し込みはこちらから

お茶会

セミナー

WEBママ育検定

講師専用ページ

幼児教室ほくと

  • facebook
  • twitter